サプリメントと併用が危険な薬

サプリメントとの併用が危険とされている薬についてですが、サプリメントは今の日本では国民の大半が何かしらのものを飲んでいるというような状況ではありますが、サプリメントと組み合わせる際に注意しなければいけない薬がいくつかありますから、注意が必要です。

 

まず一つ目としては、メバロチンとナイアシンです。メバロチンというお薬は、コレステロールを下げるために用いられる薬なのですが、日常的に病院で処方されることが多いですが、色々と副作用があることでも知られています。
この副作用としては、筋肉で手足、指を動かす横紋筋という部分があるのですが、これを溶かす副作用があるとされています。

 

そしてナイアシンと組み合わせることで副作用がさらに悪化するといわれていますから、サプリメント摂取時には注意が必要です。そしてインスリンとビタミンCの組み合わせにも注意が必要です。

 

インスリンというのは、血液の中のブドウ糖をエネルギーに変える効果があるのですが、ビタミンCを飲んでも血液の中の糖を活発に処理するという効果があります。インスリンと、ビタミンCを一緒に摂取してしまうと、糖尿病の人が決められた時間に決められたインスリンを注射していると思いますが、さらにビタミンCを摂取していることから、インスリンが決められた量以上に効き目がありすぎることがあるとされています。

 

ビタミンEも、注意が必要で、インスリンの必要量を減らすという効果があるので、インスリンの注射をしているという人は、サプリメントを飲む際に注意が必要です。

 

そしてサプリメントでセントジョンズワートと言えば、ストレスや落ち込んだ気持ちを和らげる効果があることで知られているのですが、このサプリメントが、インジナビル、ジゴキシン、シクロスポリン、テオフィリン、ワーフォリン、エチニルエストラジオールなどを摂取している人が摂取すれば、体の中で分解のスピードを速める可能性があるとされています。

 

ですから、効果が減ることになりますので、セントジョンズワートと、これらのサプリメントを一緒に併用することがないようにする必要があります。
他にも、利尿薬と亜鉛、そして大豆イソフラボンと避妊用のピルなども、組み合わせて摂取すると効果を消す可能性があるので、サプリメントと併用して摂取する場合には、注意が必要です。