子供にサプリメントは与えていいのか

子供にサプリメントを飲ませたいと思っている人も中にはいるかも知れませんね。お子さんの中には、野菜嫌いでなかなか栄養のあるものを食べてくれないとか、偏食がひどくて毎日の栄養が十分足りているのか心配になっているとい人も多いのではないでしょうか。偏食をしていると確かに栄養が偏ってしまいますから体にいい影響を与えることができなくなると思います。しかしながら、子供にサプリメントを摂取させて栄養を補うという方法はいいのかと思っている人も中にはいるのではないでしょうか。
子供が偏食をしていて、野菜を食べないから即サプリメントに頼るというのは間違った考え方です。そうではなくて、毎日野菜も食べたうえでそれでも不足してしまう栄養をサプリメントで補うということになりますから、野菜を食べないからサプリメントを飲ませれば安心だということにはつながらないのです。
野菜嫌いで偏った食事しか食べないお子さんの場合には、サプリメントを摂取させることももちろん必要かもしれませんが、サプリメントを選ぶ以前に、まずは子供がなんとか野菜を普通に食べてくれる、偏食を直してくれるということを考えることが先決ではないでしょうか。子供の偏食や野菜嫌いを直さずにサプリメントで補うというのは道理が間違っています。
サプリメントはあくまでも補助するための栄養補助食品ですから、代替え、代わりにはならないのです。サプリメントを飲めば、それで安心、ではなくてサプリメントももちろん摂取すればいいとは思いますが、それ以前に野菜嫌いや偏食を改善していかなくては意味がないのです。なかなか難しいことかもしれませんが、子どもにサプリメントを摂取させる場合には十分に色々と考えたうえで行わなければいけません。
もし野菜も食べて、偏食もなく、普段通り生活しているけど栄養が不足しているのではないかと不安になっている人は、サプリメント摂取を子供にさせてもいいと思いますが、大人用のサプリメントは大人の摂取量で書かれていますから、子供用サプリメントを選ぶか、大人の半分以下の量で摂取するようにして、できるだけ幼児のうちはサプリメント摂取は避けて、小学生以上になってからサプリメント摂取するということが望ましいのではないでしょうか。サプリメント摂取にあたっては、子供のことを考えるのはよくわかりますが、それが本当に子供のためになっているのかどうか、今一度サプリメントを与える親が考えてから摂取させましょう。